てりやきのーと。〜人生を楽しく生きるための情報とロックンロール〜

雑記ブログ!ライフハック、トレンド、30代サラリーマンの僕の知恵袋!暮らしに便利な情報をお届けします。

結婚式のBGM選びでゲストのテンションも変わる。

どうも、おはこんばんにちわ!てりやきです。

 

実はわたし・・・。 

 

f:id:teriyakiturkey:20181226103228j:plain

ついに自分の結婚式まで残り一ヶ月!やったぁー♡笑

 

私、今年の秋頃に結婚して、まだ新婚半年未満なんですよ。デヘヘ笑。

 

 

まぁ、そんなことはともかく!皆さん!!結婚式って一生の一度の舞台なんですよ。←新婦より興奮してるかも??笑

 

笑いあり感動あり、ゲストで参加する人には楽しんでもらいたいし、皆におめでとうって祝福してもらいたいですよね♬

 

そこで大事になってくるのって・・・、

 

 

やっぱり会場を盛り上げる音楽♬!!!!

 

f:id:teriyakiturkey:20181226103345j:plain

 

明るくて疾走感のある曲、リズムがノリやすいビート、泣かせるような感動的なメロディーの曲、ホント結婚式はいろんなシーンが多いから重要ですし、ゲストの気持ちも選び方で結構影響すると思います。

 

 

じゃあ、どうやって選ぶか??

そんな楽曲選びについて今回は自分なりの選曲の仕方の方法を書いていこうと思います。

 

 

◆自分達が好きな音楽◆

二人の思い入れのある楽曲、付き合ってた頃によくドライブなんかで車で聴いてた楽曲、一緒に過ごしてきた中で、聴いてた楽曲、これは新郎新婦にとって思い入れのある楽曲なので、ここぞという時に使用すると感動するかもしれませんね。

〈メリット〉

新郎新婦共に、共有して好きな楽曲なら使い所も決めやすいです。俺はこのアーティストが好きだとか、私はこの曲が絶対いいの!!結婚式する時はこれを使うって決めてたんだからとか、っていうモメたりは少ないかもしれませんね。笑

〈デメリット〉

注意すべき点は、いくらお互いが好きな曲であっても、それが暗い歌詞、別れを連想するものなどを選ばないことです。例え二人の思い入れのある曲だったとしても、観る聴く側からしたらちょっと心配させてしまうので、注意しましょう。笑

そして、あんまり認知度の少ないアーティストの楽曲を選ぶとどうなるか・・・、マニアックな曲だとちょっと、ゲスト側からしたら、んん???困るような感覚になるかもしれませんので注意しましょう!笑

音楽趣味って、ホント個性が出ますからね、自分はそのアーティストのこの楽曲!!これがカッコイイんだ、すげぇんだ!ドヤッ!!( ´▽`)デデン!ってなるかもしれませんが、自分だけ楽曲に酔い痴れてて、ゲスト他はポカーンっとなるかもしれませんし、それに気づけないかもしれません。笑

なんで、楽曲選びは自由ですがある程度は観る側、聴かせられる側のことを考慮して考えた方が良いかもしれませんね。

 

 

◆認知度の高い楽曲◆

〈メリット〉

認知度の高い楽曲、これは誰しも知っている一度は何かで耳にした事がある名曲シリーズ、これはまぁメリットとしては知っている人が多いため、外さないと思います。耳に残っているサビやメロ、認知度があるためゲストのテンションも高揚すると思います。聞き慣れているため、メモリアルムービーなんかのバックミュージックで使用すると歌詞と共に映像も入ってきやすいと思います。

〈デメリット〉

いくら有名とは言えあまり、思い入れのないアーティストの楽曲だと、新郎新婦達としては、ちょっと感情移入が難しくなるので、注意!

 

 

さっきの思い入れのある楽曲と総合して考えると、自分の好きな楽曲で、そこまで知られてないものでもなく、場の雰囲気にあった歌詞の楽曲を選ばなきゃ楽しめませんね。難しいところですね。あれも良いこれも良いとなるとなかなか決まらなくなるので、この二つを踏まえて、選ぶのが良いでしょう。

 

さて、楽曲選びの注意すべき点で、もう少し掘り下げてここから書きたいと思います。

あとちょっと語らせてぇー!笑

 

◆注意すべき点おまけ◆

感動系バラード楽曲ばかり!!!

 

結婚式は、感動、良かったね、幸せなれたね、っていうのはもちろんなんですけど、感動ばかりでは疲れます。笑

 

そう!

 

笑えるような楽しいシーンもあっての結婚式だと私個人は思います。

 

 

感動の場面は場面で見せるところ、楽しいところ、笑いありなところもあって、そういう感動シーンがビシッと締まるんですよ。ってまだ、結婚式未経験者なのに厚く語ってみる!笑

ハッピーで元気いっぱいの笑顔、幸せ私達感じてますって場面も見せての披露宴!

なので、時には明るい楽曲、疾走感のあるROCKな楽曲とかもものによって、全然使って有りだと思います。明るい曲の使い所は、やはり、『乾杯のシーン』『ウェディングケーキ入刀』『ファーストバイト』『ゲストの食事中、フリータイムトーク』など、こういうところで使えるのではないでしょうか?明るい曲もあって、感動する場面の曲もあって、いい感じの強弱が魅せるには必要だと私は思います。ずーっと、平行線で泣きばかりでは正直重たくて疲れますもんね。笑

 

 

f:id:teriyakiturkey:20181226103449j:plain

そういったことを踏まえて、私は楽曲選びをして、来年、来月の結婚式に臨もうと思ってます。笑

 

 

一丁前に色々語りましたが、自己満で面白かったので、またどっかのタイミングで結婚式のこととか、どんな曲選んだとか書けたら書こうかと思います。

 

今日はここまで~♬でわ、また次回!アデュー♪( ´▽`)