てりやきのーと。〜人生を楽しく生きるための情報とロックンロール〜

雑記ブログ!ライフハック、トレンド、30代サラリーマンの僕の知恵袋!暮らしに便利な情報をお届けします。

夏に知っておきたい野菜の鮮度を長持ちさせる方法 トマト編

 

f:id:teriyakiturkey:20190710063917j:plain

夏、お野菜の管理って大変!冷蔵庫に入れといていい野菜、冷蔵庫のような低い気温を嫌う野菜もいろいろあると思います。
常温保存する際、気をつけたいのは室温!常にエアコン等を利用しているわけではないし、外出中には夏だから室内の気温も上がります。
 
何をどうしてやれば傷みにくく、鮮度を長く保てるのか。また、常温保存すべき野菜、冷蔵庫に入れた方が野菜などを教えたいと思います。
本日は夏野菜のトマトについて専門的に語りつくしたいと思います。

 

 

トマトの保存方法!常温と冷蔵

f:id:teriyakiturkey:20190710064202j:plain

トマトは状態により、冷蔵庫がいい場合と常温の方がいい場合があります。青いの状態であれば、常温で保存して完熟して赤くなったら冷蔵庫へ移すした方が良いです。
基本的には冷蔵保存ですが、冷凍保存すれば長期保存も可能になります。
 

・完熟していない青いトマトの常温保存管理について

お店の店頭に並ぶトマトは日持ちも考えて、だいたい青い状態で収穫されてるものが多いです。
 
枝から切り離された収穫後も15〜25℃の温度であれば、赤く熟していきます。なので、青い状態で買ってきたものは常温保存をして追熟で赤くなるのを待ちましょう。常温で2日程度で赤く熟れてくるのでそのタイミングで冷蔵庫に移すといいでしょう。
 
 

・冷蔵庫に入れるトマトの保存方法

トマトは丸裸のまま冷蔵庫に入れると、水っぽくなってしまいます。1つずつポリ袋に入れ、へたの部分を下にして冷蔵庫に置いた方が良いです。
 
へたを下にすると・・・、
へたを下にすることで転がらないですよね。
そしてトマトは重なり合うと、くっつき合っているその部分から早く悪くなるので、くっつかないように仕切って並べて保管しましょう。冷蔵庫を開ける度に振動で転がり、隣同士のトマトとぶつかり合って傷みが早まってしまい使う頃には残念な状態になってたらガッカリしますよね。
 
ですから、へたを下にして転がりを防ぎ、出来れば一つ一つ仕切理をしてくっつかないように保存するのがいいんです。
 

・ポリ袋に入れるのには・・・、

トマトは水分を多く含んだ野菜なので、どうしても日にちが経つと水っぽくグジュグジュとなりやすいです。
冷やしすぎると低温障害でそういう状態にもなりやすいです。トマトが低温障害を引き起こす温度は5℃以下です。
 
冷蔵庫は0〜5℃の環境なので、保存に適しているのは、5℃〜10℃の野菜室で保存をしましょう。
 
そしてここでポリ袋を使うのは、冷えすぎないようにする為でもあります。直接冷気が当たらないように避けます。このとき、ポリ袋の口は締めすぎに注意を!密閉すると、水分などが出て、袋が蒸れて痛みも早まる可能性があります。
ですから、ポリ袋の口は軽くしめるようにしてあげましょう。
 
 

・実はトマトは常温保存もできます。

14℃以下の冷暗所で、直射日光に当たらず、風通しが良い、湿気のこもらない場所であれば保存が可能です。
 
一つ一つをキッチンペーパーや新聞紙に包みカゴやバスケットに入れて保存すると4日くらいは保存が可能です。
 
夏場は気温も高くなるので、温度管理が厳しいです。常温の状態で長く保存するのには適していません。完熟している赤いトマトであれば、冷蔵庫で保存をしましょう。
 
 
切ったトマトはどうやって保存する?

f:id:teriyakiturkey:20190710065316j:plain

切ったトマトはラップに包んで冷蔵保存しますが、鮮度が落ちるスピードは早いです。使い切るなら1日〜2日くらいなるべく早く使い切るようにしましょう。
 
 

トマトを冷凍保存するやり方

トマトは丸ごと冷凍保存することが可能です。注意としては、冷凍保存する場合にはすぐに調理に使えるようにへたを外しておく必要があります。へたの処理だけして、あとは密閉できる保存袋などに入れて冷凍庫へ!
 
冷凍したトマトは、ミートソース、トマトソース煮込みなどに利用するのが最適です。尚、冷凍保存の場合、保存期間の目安は1ヶ月程度です。長期的に使う予定がない場合は冷凍するのもありですよね。
 
また、ざく切りにしても冷凍が可能です。ざく切りする際は、密閉できる保存袋に入れて軽く塩を振って揉んで全体に塩を馴染ませ、塊にならないよう金属トレイなどの上に袋ごと乗せて、平らにして冷凍庫保管しましょう。
 
冷凍したトマトは解凍するまで結構時間が掛かるので、調理をしたいと思ったら、前日に冷凍庫から冷蔵庫へ移して自然解凍しましょう。
ざく切りトマトの冷凍の場合は、炒め物や汁物、トマトソースなどで使う際すぐに使えるので、冷凍したまま火に掛けた調理に加えても大丈夫です。
 

おまけ 保存をするなら買う段階で、良いトマトの見分け方

最後に店頭でトマトを選ぶ際、良いトマトの見極め方を紹介したいと思います。
 
  • トマトの形は球形で角ばってないものを選びましょう。
  • トマトの実が均一に赤くなっていて、ヒビ割れがないものを選びましょう。
  • しなびていないものを選ぼう。
 
☆美味しいトマトはひっくり返してみたら分かる。
トマトをひっくり返して、先端の形状を見るのが美味しいトマトの見極めポイントで重要です。
 
先端の部分から星のように白い線が放射状に伸びているのが美味しいトマトです♡
選ぶ際は、そういうところに目を配って選んでみましょう。
 
 

これから暑い時期の夏!

f:id:teriyakiturkey:20190710065558j:plain

トマト通年店頭で並んでいる食材ですが、日本の露地栽培の旬の時期は6月〜8月といわれています。美味しいトマトを選んで、なるべく長持ちするように夏場の保存に気をつけましょう。

 
トマトはそのまま生で食べられる食材でもあり、トマトソースやミートソース、煮物、ケチャップなどいろんな調理に化けられる食材です。すぐ使う予定が無くても、保存方法で長持ちもしていろんなレシピ使えて
便利ですよね。
 
てりやきは、ミートスパゲティがいま食べたいです。トマトの入った冷製パスタみたいなヤツもいいですよね。夏にぴったりだし、イタリアン♬今日はトマトを買いに行こうかな♪( ´▽`)
さて今日のブログはここまで!でわまたぁ♬